保育士の受験資格

保育士の受験資格

スポンサードリンク


 

保育士試験を受験するには?

 

保育士試験の受験資格を取得する必要があります。

 

現在、最終学歴が高卒の方の場合、保育士資格の受験資格がありませんが、それでも下記の条件を満たす方は保育士試験を受験する資格があります。

 

・平成3年3月31日以前に高校を卒業された方
・平成3年4月1日以降の卒業の方は、高校卒業後、児童福祉施設で実務経験が2年以上の方
・平成8年3月31日以前までに高校保育科を卒業された方

 

それ以外の方には、下記の条件に当てはまれば保育士試験の受験資格が与えられます。

 

1.中卒
 卒業後に、児童福祉施設において5年以上、且つ7200時間以上の
 児童保護に従事した経験がある。
2.高卒
 詳細は上記の通りです。
3.専門卒
 学校が学校教育法に基づいた専修学校であり、卒業課程が修業2年以上の
 専門課程である。
4.短大卒
 学校が学校教育法に基づいた短期大学を卒業、保育士とは関係のない学科でも資格あり。
5.大卒
 学校が学校教育法に基づいた大学を卒業、保育士とは関係のない学部・学科でも資格あり。

 

又、保育士資格試験の受験は、保育士養成協会発行の
「保育士試験受験の手引き」したがい、受験申請を行います。

 

受験に必要な下記のもです、忘れずに準備しましょう。

 

1.受験申込書
 (「保育士試験受験の手引き」に添付)
2.受験資格があることを証明する書類
 (大学卒業証明書、62単位取得見込み証明書など)
3.写真 (枚数・サイズは都道府県によって異なります。
 詳しくは受験地の『保育士試験実施要項』参照)
4.戸籍抄本
 但し、婚姻等によって2.の証明書と名前が異なる場合のみ
5.試験手数料
6.2回目以降で一部科目試験免除の場合、一部科目合格を証明する書類

 

又、保育士養成協会、保育士試験事務センター等の連絡先も控えて持参する事も、当日なにかあってあわてない為の準備として忘れないようにしましょう。

保育士の受験資格についての情報でした。


  スポンサードリンク