高卒から保育士をめざすには?

高卒から保育士になるには

スポンサードリンク


保育士の資格を所持すると様々な施設で従事する事が可能となります。

 

しかし、保育士になるには、その資格試験に合格する必要がありますが
その前に、保育士の資格試験への受験の資格が必要になります。

 

現在、一部の条件を除き高等学校卒業者(高卒)には
保育士資格の受験資格がありません。

 

但し、下記の条件を満たす方であれば、最終学歴が高卒の方の場合でも
保育士試験の受験資格があります。

 

・平成3年3月31日以前に高校を卒業された方
・平成3年4月1日以降の卒業の方は、高校卒業後、児童福祉施設で
  実務経験が2年以上の方

・平成8年3月31日以前までに高校保育科を卒業された方

 

上記以外の方は、保育士の資格を取得するだけであれば以下の
2つの条件を満たせば良い事になります。

 

1.短大卒、大学(2年以上在籍し、62単位以上修得)を目指す
2.児童福祉施設(認可)において2年以上児童の保護に従事する。

 

但し、受験をするという事は、最終的に保育士の資格を取得する事が
目的であることから、保育士の資格を得るための方法の1つとして
通信教育を利用した資格取得の方法を紹介します。

 

1.通信制大学・短大を利用する方法
2.保育士国家試験を受験する方法

 

 

そもそも「保育士」とは?

 

保育士とは、いわゆる保母さん、保父さんのことをさします。
平成11年4月の児童福祉法改正により、名称が変更になり
今まで、保母さん、保父さんの呼称が「保育士」に統一されました。

 

保育士資格を持ってると、保育園(所)だけではなく、以下の
児童福祉施設で働くことができます。

 

 ・保育所
 ・児童養護施設
 ・障害児入所施設
 ・児童発達支援センター
 ・情緒障害児短期治療施設
 ・乳児院(看護師の代わり)
 ・母子生活支援施設(母子支援員は、保育士も該当)
 ・児童厚生施設(児童の遊びを指導する者は、保育士も該当)
 ・児童自立支援施設(児童生活支援員は、保育士も該当)等

 

以上、参考にしてみて下さい。

 

  スポンサードリンク

サイトマップ